特定健診 ・ 保健指導

特定健診 ・ 特定保健指導とは

平成20年度からメタボリックシンドロームに着目した健診・保健指導「特定健診・特定保健指導」が実施されることになりました。
生活習慣病を未然に防ぐために、メタボリックシンドロームの該当者・予備軍の人を見つけ、個々の状況に合わせた保健指導が行われます。
当院の健診機関情報・保健指導機関情報はこちらから ⇒ 特定健康診査機関・特定保健指導機関データベース

特定健診・特定保健指導のポイント

ポイント 

医療保険者が40~74歳の加入者に対して健診・保健指導を行い、継続した健康管理を支援することになりました。
健診結果を医療保険者が経年的に管理し、健診後に行う結果説明や保健指導に活用します。

ポイント 

メタボリックシンドロームを見つけるため、新しい健診項目が加わります。
→腹囲測定、LDLコレステロールなど
これらは、メタボリックシンドロームや心臓病や脳卒中などの危険因子を判定するのに効果的な項目です。

ポイント 

専門家から健康状態に応じたサポートが受けられるようになります。
健診結果に応じて、健康状態に合った生活習慣改善のためのサポートを専門家(医師、管理栄養士など)から受けることができます。ぜひ活用しましょう。

特定健診・特定保健指導の流れ

健診
メタボリックシンドローム該当者・予備軍の人を見つけ出すことに重点を置いています。

検査内容
料金備考
基本健診
  • 問診
  • 身長・体重・BMI・腹囲測定
  • 血圧検査
  • 血中脂質検査(LDLコレステロール・HDLコレステロール・中性脂肪)
  • 肝機能検査(GOT・GPT・γ-GTP)
  • 血糖検査(空腹時血糖・ヘモグロビンA1C)
  • 尿検査(尿中の糖・蛋白の有無)



5,000円
(税別)



詳細健診

  • 貧血検査(赤血球数・ヘマトクリット、ヘモグロビン)
  • 心電図検査(安静時)(GOT・GPT・γ-GTP)
  • 眼底検査

※ 医師の判断により必要な場合のみ

検診結果(※1)
保健指導(※2)
  • 健康な人
  • 内臓脂肪型肥満のみ
情報提供レベル
健診結果から現在の自分の体の状態を把握するための情報や、生活習慣が体にどのような影響を及ぼすのかなどの情報が提供されます。生活習慣を見直すきっかけに役立てましょう。
  • メタボリックシンドローム予備群
動機付け支援レベル
メタボリックシンドロームになる一歩手前の人には、どのように生活習慣を改善すればよいか、面接で1回の支援が受けられます。6ヶ月後に目標達成できたかを振り返るので、目標に向かってがんばりましょう。
  • メタボリックシンドローム該当者
積極的支援レベル
メタボリックシンドロームを改善するため、3~6ヶ月間専門家(医師、管理栄養士など)によるサポートが受けられます。面接が基本となりますが、e-mailや電話、FAXなど、生活スタイルに合わせた方法で行われます。確実に実行し、改善しましょう。
  • 医療中・受診勧奨者
医療中・受診勧奨レベル
生活習慣病で既に治療中の場合は、定期的に主治医を受診しましょう。
受診勧奨と判断れた場合は、治療が必要な状態です。必ず医療機関を受診し、診察を受けましょう。

※1:健診結果に応じ、グループ分けされ、保健指導のレベルが設定されます。
※2:個々人の健康状態やライフスタイルに合わせた保健指導が行われます。
  「情報提供」は健診を受けた人全員を対象に行われます。

Page Top

初診の方のご予約
- クリニックからのお知らせ -
当クリニックでは、協会けんぽの
契約医療機関です。