胃内視鏡

胃内視鏡検査

  • 胃が痛い
  • 胸やけがする
  • 胃がなんとなく重い方
  • 便が黒い
  • げっぷのよく出る方
  • 朝起きるとムカムカする方

といった症状で悩んでいませんか?
そのような症状の方は、胃潰瘍や、逆流性食道炎を起こしている可能性があります。

一度胃内視鏡検査をして、しっかりした診断のもとで治療を行えば、そのような症状は改善されます。
また、早期胃癌の状態で発見できれば、内視鏡による治療も可能な場合があります。

経鼻内視鏡検査

カメラの付いた細くて軟らかい胃内視鏡を鼻から挿入し、食道・胃・十二指腸を調べる検査です。
口から挿入する内視鏡と違い、のどの奥にある舌のつけ根に触れないため、吐き気をほとんど感じません。
体にかかる負担も少なく検査後はすぐ日常生活に戻れます。気持ちを楽にして検査を受けてください。

検査の流れ

検査の前日
前日は21時まで飲食はかまいません。
夜21時以降は果汁や固形物が入っていないジュース、お茶、水は飲んでもかまいませんが、飲酒は控えてください。

検査の当日

  • 朝食は絶対にとらないで下さい。
  • 水以外の水分は控えてください。
  • 血圧や心臓の薬は朝6時頃にお水やお湯でお飲みください。
  • 来院される際には、自転車、バイク、自動車等の運転はひかえてください。(鎮静剤使用に限り)
  • 検査後も鎮静剤の影響が若干残りますので、時間の余裕をもってお越しください。

検査終了後

  • ゆっくりと休んでいただいた後、検査結果を診察室にてご説明させていただきます。
  • 薬の影響で検査後数時間はふらつき・眠気が残る場合がありまので、お車の運転は避けてください。

Page Top

初診の方のご予約
- クリニックからのお知らせ -
当クリニックでは、協会けんぽの
契約医療機関です。